花金の実態 ー 明朗会計 648円になります!

ジャバ バー 場所

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

ジャババーが見つからない。これだから地方都市は困る。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

おおっと、肩と肩がそっと触れ合う瞬間、感じる運命。見つめ合う瞳。互いに気になりつつも、もう二度と会うことはない。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

19世紀には、ジャババーはこの建物と建物の隙間にあった気がしたが…

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

この辺にたしかにジャバの気配を感じた。… 何か見慣れた看板がある。…無料!無料案内!?

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

名案内コナンとは一体…。 かのシュワルツネガーも扮したあのコナンがジャバのダウンロードを導いてくれるとでも言うのだろうか?

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

こうこうと目立つネオンは、たかだかに掲げる王者の剣が光り輝く様子を模したかのようだった。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

そのとき、視界に入ったフードの人間。ジャバ仙人?いや、彼は今電車のはず

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

ハッと辺りを見回すとフードは消えていた。そして最初から無かったかのように、ジャバの気配は消え、辺りにはネオン街とすでにできあがった部族の死体が転がっていた

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

ジャバは幻だったのか

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

たしかにあの時感じた無料の空気はジャバそのものであり、かつて建物の隙間に挟まっていた何かを感じさせるものであった。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

19世紀に見たものなど、断片的な記憶であり、最初から無かった、もしくは書き換えられた記録かもしれない。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

人間は、過去の記憶を都合よく書き換え、自分では気が付かないものだ。その理想的な記憶の中では、

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

その記憶の中では、種子島に火縄銃と一緒に、ジャバが伝来し、当時の当主が痛く感激していたとしても、どうでも良いことだ

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

話を古代ローマに戻そう

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

時系列がおかしいのは、サポートベクターマシンの影響に違いない。何でも、マシンで処理すれば問題が解決すると思ったら大間違いだ。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

部族の集団を右へ左へと交わしながら、我々は一つののれんをくぐった。のれんは手動だったので、手を添えるとガラガラと音がした。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

店員「何名さまですか?」
我々「…一人です」
店員「お一人さま、カウンター席でおながいしまーす」
我々は、荷物をおろしカウンターへ陣取った。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

入口から近く位置するカウンター席は、我々にとっては都合がよく、出入りの部族を観察するには最適であった。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

ソフトドリンク飲み放題を注文。いよいよメニューを見ながらサイフを気にしていると、我々が目的としていた部族が次々に、押し寄せてきたのだ。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

最初の部族は予約していたのだという。次の、さらに次の部族もそうであった。なるほど、通常は予約して利用するものなのか。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

部族が出入りする度に、室温は外と均衡がとられ、我々は涼しさを得られた。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

外に無料の気配がする。無料を逃すわけにはいかない。すぐさま、我々は会計を済まし、外へと駆け出した(648円、安上がりだ)

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

飲み屋で飲んで帰る。何と理想的な利用だろうか?唯一味わったものが、ソフトドリンクというのが、現代的ですらある。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

無料の気配を追い、我々はさらにジャングルの深くまで潜っていった。

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017

『花金の実態 ー 明朗会計 648円になります!』より抜粋

— あなたとネットフリックス (@toby_net) February 10, 2017