モカジャバ・レポート

ド卜ールコーヒーでモカジャバなるものが発売開始された。 我々ノットジャバ警察としては、ジャバに関連する政治団体の活動はすべて監視する必要があると判断し、バイヤーを装ってド卜ールに接近した (DEC-15-2012)。

これが我々が入手に成功したモカジャバ2つ。
モカジャバ
1つあたり末端価格で500円前後で取引されている。 プリンタインクよりは安いがガソリンより高いという値段だ。

ここで捜査員Mがいきなりモカジャバに対し土下座をはじめたのだ。 この異常行動こそがモカジャバが抱える危険性を示しているのではないだろうか。
モカジャバによる異常行動
(今後の捜査活動のため、一部画像を処理しています)

なお、味は甘かったような気がする。 紅茶派なのでコーヒーのことはよくわからなかった。

ありジャバに戻る